やっぱりこのハーモニーに胸キュンですよね THE Four Freshmen


今頃登場かよ!って怒られるよなあ。
僕が学生時代に夢中になって、こんなハーモニーを作りたかったけど
プロの世界に入っても一度として体験できなかった、クローズドハーモニーの世界。

four Freshmenの魅力はここにあります。
ん・・・?でも随分あの頃とメンバーが違ってるなあ。

そりゃそうだよな・・・あれから40年もたってるもの。

One of the most influential vocal groups of the 1950s, The Four Freshmen pioneered a revolutionary new style of close-harmony vocals that set the stage for bands like the Beach Boys, Spanky & Our Gang, the Hi-Los, the Manhattan Transfer and countless others. In 1948, brothers Ross and Don Barbour formed a barbershop quartet called Hal's Harmonizers at Butler University's Arthur Jordan Conservatory in Indiana. The band also featured Marvin Pruitt and Hal Kratzsch. Later that year the group switched to a more jazz-oriented repertoire, and the quartet was renamed the Toppers. Pruitt soon left the group and was replaced with Ross and Don's cousin Bob Flanigan.
(wikipediaより引用)

ん・・・よくわかんなかった?

じゃあとりあえずこのハーモニー聴いてみて。
僕の学生時代のコーラス仲間が語るところによると、Four Freshmenというブランドは代々このハーモニーとともに受け継がれてきているらしい。

これは結構最近のグループかも。
けれどこのハーモニーの匂いはやっぱり日本人にはまねができないす。

The Four Freshmen

今夜も一杯飲みたくなるよなあ。
この記事へのコメント
http://www.youtube.com/watch?v=mhiu4-CiwZc

こんなのもあったよ。 俺達学生時代FFやったよね。 今でもやってるけど。 GRADUATION DAY/DAYS OF WINE & ROSES/I LEFT MAY HEART IN S.F.結構いいサウンド出てたと思うけど。 確かに
難しかった。 今のFFは22代目。 コーラスアレンジは全く初代のまま。 今の連中はFFに入りたくて音大で勉強してオーデイション受けて入った
って言ってた。  歴代の中でサウンドは一番洗練されてるし、インストも一番上手い。 但し初代みたいなアクに欠けるところはある。 来日が途絶えているのは、招聘元の問題でFF自身はいつでも
来たいと言ってる。 
Posted by GEO at 2007年05月30日 10:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43171241

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。