Four Aces - Three Coins In The Fountain

やっぱり古い時代のコーラスグループですから、当時の動く映像というのは願ってもないかもしれません。そりゃそうだわな、結成は1948年だったかなあ。

でも、僕はこのグループのサウンドは相当好きですね。
中途半端にハモラスということよりも、一人一人が徹底的に歌うことを楽しんでいるということ。

バーバーショップスタイルを生んだ、アメリカという国ならではのコーラスだと思います。勿論このFour Acesだけじゃなく、ここで紹介するほとんどのグループがそういう快楽感に裏づけされているんです。

で、このサウンドで、この曲を聴いた学生時代には、僕はもうコーラスをやめようと思ったものです。
混声合唱団に所属して、ミサ曲とか邦人の合唱曲をそれなりに楽しんではいたのですが、なんだか、もうちょっと粋なコーラスをも楽しんでみたくて仲間内でカルテットを組んでいました。

人数はカルテットだから同じ4名なんだけど・・なんともハモリの厚さが全く違う。困惑の連続でしたけど、それでもアメリカンな感じを楽しみたくて、カルテットに夢中になってた日々でした。

でもねえ・・・やっぱりこんなハーモニーに出会うとねえ・・・。


そんな青春のある時期を思い出さしてくれるハーモニーです。

Three coins in the Fountain




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。