Oh happy day ( The Edwin Hawkins Singers)

前回の「Oh happy Day!」は、ライブ的な乗りの自然体な感でしたけど
今回はちょっとセレモニー的な匂いがかなり強いですね。
後ろのパイプオルガンが、ますます、そんなイメージを醸し出しています。

セレモニーっぽくなるには、やっぱりソリストにも、そういう資質がもとめられますね。かなり上質です。

ゴスペルとニグロスピリチュアルとの違いはご存知ですか?

人気グループの「ゴスペラーズ」の村上さんは以下のように解説をしています。

ゴスペルの誕生

 20世紀以前、アメリカへ連れて来られた黒人たちは、労働のためのワーク・ソングや黒人霊歌(ニグロ・スピリチュアル)と呼ばれる宗教歌を歌っていた。しかし、黒人霊歌にはキリスト教という元々自分達のものではない宗教への同化という側面もあり、必ずしもアフロ・アメリカン(アメリカの黒人)の歌が持つバイタリティーが現れたものとは限らない。
 奴隷制は廃止になったといっても名ばかりで、相変わらず厳しい生活環境のなか、精神的安息や同朋との結束、そして娯楽の場としても教会の役割が増大する。週に1回、人々は牧師の説教に聞き入り、祈り、共に歌うことを心底楽しんだはずだ。
  そういったなか、20年代から30年代にかけて徐々に黒人ならではのリズム感や節回しを持つ宗教歌が成立してくる。これがゴスペルである。ゴールデン・ゲイト・カルテットやノーフォーク・ジュビリー・カルテットなどがゴスペル最初期の有名グループだが、白人宗教歌や黒人霊歌の面影も残しつつグルーヴィーなア・カペラ・シンギングを確立した。
ゴスペラーズHPより引用
http://www.ymm.co.jp/score/artists/gospellers/

もしかするとこの画像はゴスペルとニグロスピリチュアルの中間的なイメージを与えるかもしれません。


セレモニー的なゴスペル 魂の歌



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。