The Harlem Gospel Choir: 'Oh Happy Day'

ハーレムという言葉にひかれて、このコーラスを視聴しました。
黒人たちの桃源郷として、ハーレムという表現があるのでしょうね。

このグループの自然体の表現は、それほど激しいものではありませんが、肩の力を抜いた感じのにおいは悪くないです。

日常的にコーラスが生まれる日本を願って、30年ほど前から、コーラス文化を応援してきました。いまや、その状況はかなり改善?されてきていると思います。

合唱文化が街にではじめて、大学のキャンパスでも、正統的な「合唱」という合唱団よりも、アカペラを気楽に楽しむグループシンギングのほうが少し力を持ち始めているようです。

悪いことじゃないです。
スナップみっつほどで始まるハーモニーは、楽しいし、広がりをもった文化事業です。
自然体であることが、一番広がりをもつ文化事業なのだと思います。

そんな自然体の「Oh Happy Day!」を聴いてみてください。

ハーレムという言葉に魅かれた「Oh Happy Day!」



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。