Oh Happy Day!-Choeur Gospel Celebration & S. Desgroseilliers

このグループがもっているのは、圧倒的なパワーです。
日本にもゴスペルグループがたくさん生まれましたけど、プロフェッショナルになりきれないのは、こういったパワーが生じないからだと思います。
それは決して技術的な問題ではないと思います。
民族としてのパワーの種類が違うと思うのです。

だから、それはどうしようもないことなのです。
民族のDNAが違う。生活様式が違う。だから感情表現が違う。
あたりまえのことなのですが、なんとも悔しい。

まあ、ゴスペルができないからっていって、それが最大の障害ということにもつながらないとおもうけど・・・・・。

けれどコーラスファンに、ゴスペルだ!と感じさせるためには、このパワーは不可欠だと思うのです。

ご堪能ください。
最初にこれを紹介してしまうと、なんだか後がきつくなるけど、やっぱり僕自身の一番気に入った「Oh Happy Day!」から始めますね。

自分の鼓動が高まってくるのがわかります。

僕? 実はゴスペル歌唱は未経験・・・。

圧倒的なpowerのOh Happy Day



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。